札幌アカシヤライオンズクラブ

奉仕活動報告Outreach Activity Report

北海道視覚支援学校 令和元年度中学部「私の主張・生活体験発表」支援

 

事業委員会名 視聴力障害保護委員会   

委員長名   L山本 國昭

 

*アクティビティ名     2019年度 中学部「私の主張・生活体験発表会」支援

*ACT実施月日       発表会 2019年7月3日(水)  9:45~12:20

*ACT実施月日       表彰式 2019年7月4日(木)  14:10~15:00

*アクティビティ対象    北海道札幌視覚支援学校 中学部生徒 14名

*名称及び住所       北海道札幌視覚支援学校(札幌市中央区南14条西12丁目)

*費用           合計 ¥19,060円 労力:延 22時間00分

*ACT準備会議       2回    延 34名    延    8時間00分

*参加L名

 3日発表会

 L向原 邦彦 L神田 雄介 L山本 國昭 L石丸 弘子 L荒谷 治

 4日表彰式

 L神田 雄介 L長谷川 征輝L西濱 克也 L佐藤 有一 L山本 國昭

 L太田 治彦 L向原 邦彦

                              計 12名  

※7月第一例会出席メンバー31名による、メッセージカード記入 1人10分換算

 

 

*ACT打ち合わせ及び実施に関する具体的内容

2019年7月3日(水)北海道視覚支援学校第一体育館にて「私の主張・生活体験発表会」が開催されました。

当日は、午後9時45分からの発表会開始で事前に先生から発表会の時間、審査方法の説明がありました。

その後『生活体験発表』の部1名、『私の主張』の部9名の合計10名の生徒の発表が行われました。

『生活体験発表』の部(3年生1名)の発表では中学部の思い出や高校生活に向けての抱負を話されていました。

『私の主張』の部(1,2,3年生9名)の発表では、寄宿舎生活、私の悩みそれから幸せ、点字でつながった志、自分自身の成長、将来の夢、これから頑張ること、空気を読むことの難しさ、単独帰省までの道のり、三年生に向けての抱負などの将来を見据えた具体的なお話や、日々の困難を乗り越えるまでの取り組みの様子を皆さん緊張しながらも堂々とはっきりした口調で時折身振り手振りを付け加えながら発表されておりました。

生徒の皆さんの日々の努力、先生や家族の皆さんの支えが垣間見えた素晴らしい発表会でした。

翌4日に表彰式が行われました。生徒の皆さん一人一人が自身の発表に対しての感想を述べた後に審査結果の発表が行われ、向原会長からのメダルの授与、クオカードを生徒にお渡し頂きました。写真撮影は表彰式の後に全員で実施しまして無事アクティビティ終了となりました。以上でアクティビティのご報告とさせて頂きます。

 

» 前のページに戻る

Access

札幌アカシヤライオンズクラブ ライオンズクラブ国際協会 331-A地区第2R第2Z
〒064-0804 札幌市中央区南4条西3丁目 北星ビル5階
お問い合わせはこちら
札幌アカシヤライオンズクラブCN55デジタル記念誌
331A地区キャビネット